求人について

求人情報からみる年間休日が多い職種とは

求人情報を見たときに、必ずと言っていいほどチェックするのが給与と年間休日日数という方は多いのではないでしょうか。どのくらい給料がもらえるか、休みはどのようなシステムになっているのかをチェックしないで応募する人はいないと思います。大企業であればあるほど福利厚生が手厚いのと同様に休日も多いというイメージがありますが、では、職種別で見ていったとき、年間休日が多い職種にはどのようなものがあるのでしょうか。大手求人サイトを参考に見ていきます。日本の企業における年間休日の平均は124日となっており、それより多いと休日が多いと判断することができます。56ある職種のうち、最も年間休日が多い職種は、製造業の研究開発職であり、年間休日日数は平均よりも10日多い約134日となっています。1年が365日とすると、3日に1日以上は休日ということになります。次点も同じく製造業で設計、開発職であり、年間休日日数はこちらも平均より10日ほど多い約134日となっています。トップの研究開発職よりも0.1日だけ少ないという統計結果になっています。

Copyright© 求人 All Rights Reserved.